onokoro

FROM おのころ心平

おはようございます。
おのころ心平です。

女性には、
女性ホルモンが

男性には、
男性ホルモンが
分泌され、

それぞれ性差を
生じさせています。

女性ホルモンには、
2つあり、
男性ホルモンは
1つです。

この差は大きい・・・。

※ ※ ※

女性のカラダは、

排卵までに多く分泌する
エストロゲン、

排卵後に分泌量が増える
プロゲステロン

の2つのホルモンにより
曲線リズムをつくっています。

一方、男性のカラダは、
アンドロゲン(テストステロン)
一本槍です。

男性はだから、直線的で、

射精するまでがんばり、
果てて終わり・・・、
というような性行為の
リズムに象徴されるように、

目標を立ててがんばり、
ゴールを達成したら休んでよし、
という働き方(納期までがんばれ、
締め切りまでがんばれ、
その後、休め)を社会の構造として
生み出してきました。

※ ※ ※

現代社会の職場は、
言ってみれば、
テストステロン・
リズム・ソサイエティ。

このリズムの中で
女性が活躍しようと思えば、
やはり否が応でも、
自分の女性ホルモンリズムを
犠牲にせざるを得ません。

結果、

生理不順、
生理痛、
PMS、
冷え性、
便秘、
乳がん、
子宮がんなどの増加に・・・。

※ ※ ※

男性が
女性のカラダのリズムを理解し、

同じように、
女性が
男性のカラダの
リズムを理解するまで、

そして、
それが社会制度に応用され
定着するまでは、
まだまだ時間がかかるでしょう。

今はどうしても過渡期です。

だからこそ、現代女性は、
自分のカラダを守っていく
知恵と情報が必要なのです。
   ↓
8月11日(祝)
未来患者学サミットは、

女性の悩みの「リアル」を
解決するヒントが
詰め込まれた奇跡的な1日になります。

女医、女性のセルフケアの
プロフェッショナルが大集合!
ぜひこちらアクセスしてみてください。
  
―おのころ心平

━━━━━━━━━━━━━━━━━
◎編集後記
━━━━━━━━━━━━━━━━━

男性ホルモン的な社会で
女性が活躍することは
とても大変なことです。

男性だったら、
きっとなかっただろうな…と思うような
ストレスが降りかかることもありますよね。

女性が優れている点はたくさんありますが、
「柔軟さ」はその1つだと思います。

しなやかに、寄り添いながら
女性のココロとカラダを守っていきましょう!

ー 三浦とも子

ブログにコメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。* が付いている欄は必須項目です。