【風邪をひくと進化する】

FROM おのころ心平

カラダ側から見た「風邪の起こるしくみ」
を押さえておきましょう。

私たちのカラダには
知らず知らずに毒素が溜まっていきます。

ちょっとドブ川をイメージしてください。

自分のカラダをドブ川になぞらえるのは
抵抗があるかもしれませんが
この際、まぁ、だいたいそんなものだと
覚悟してください。

ドブ川の上の流れはいつもきれいな水が
流れていますが
底のほうには、ヘドロが溜まっています。

カラダでいうと、血管壁、内臓脂肪、
皮下脂肪などを想像してもらえると
いいと思います。

普段、上の流れだけでまかなっている
血流や内臓のキャパシティも
ここ一番というときにはフル活用しな
ければならないときがやってきます。

(急な運動、無理を押しての仕事、
 暴飲暴食はみな、カラダのキャパを
 いつも以上に使おうとするときですね)

そんなときは、ざーっと一度
底流に溜まったヘドロを
大掃除してやる必要が出てきます。

風邪のウイルスは、そういうときに
溜まったヘドロをかき回しに
カラダに侵入してくるのです。

かき回されるので、いったん川の流れは
にごります。

体液中に浮き上がってきた毒素を排泄
するため、カラダは下痢や嘔吐を起こし
また、発汗のために熱も出すのです。

つまり、内臓や血流のはたらきのキャパ
を広げようとしたときにこそ
風邪をひくようになっているわけです。

小さい子どもは
風邪をひくと高熱を出します。

これには親はハラハラさせられますが
無事治ったとき

その子の言葉がちょっと増えたり
手足が少し器用になったり
行動範囲が広がったりしていること

に気づきます。

(これは、よく観察していないと
 見落としやすいのですが)

私たちのDNAには、たくさんの
ウイルスのDNAが刻み込まれているのを
ご存じでしょうか?

これは、私たちの祖先がさまざまな
ウイルス感染と戦い、その中で
生き残った人が、ウイルスをそのまま
自分たちのカラダや能力の進化に
生かしたということを物語っています。

いろんな試練を受け入れ、それを人生
の糧に変えていくという意味では
ココロも、そして、カラダも同じような
しくみを持っているのかもしれません。

もちろん、むやみやたらにひく風邪は
単なる不摂生だったり
暴飲暴食を続けた結果だったり。

そのような風邪のひき方は
はっきり言って自業自得です。

ただ「よりによって何で、こんなときに!」
ひく風邪ってありませんか?

そんな人に
そっと教えてあげてください。

「風邪をひいたら
 あなたの能力がひとつ上がるんですよ」

ブログにコメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。* が付いている欄は必須項目です。